摂食障害(拒食症・過食症)カウンセリング・心理療法・催眠療法・NLPなど東京の『ヒプノセラピー SINBI』
心理セラピー療法で癒しと悩みの解決をサポート 催眠療法の事例・体験談 催眠療法・ヒプノセラピー(催眠療法)・前世療法・NLP 東京の『ヒプノセラピー SINBI』トップページへ セミナー・資格講座 料金・予約 アクセス プロフィール お問い合わせ ご予約はこちら
心を強くして“夢を叶える”無料ダウンロード
心理カウンセラー福山裕康のご挨拶
心理セラピー・心理療法コンテンツ
催眠療法(心理療法)とは
催眠療法の事例・体験談
催眠療法(ヒプノセラピー)について
催眠による退行催眠療法
催眠による胎児期退行療法
催眠による前世療法
催眠による前世代療法
催眠による未来療法
催眠療法(ヒプノセラピー)で克服する
催眠療法でうつ病を克服する
催眠療法でパニック障害を克服
催眠療法で強迫性障害を克服
催眠療法で摂食障害を克服
催眠療法で睡眠障害を克服
催眠療法であがり症を克服
催眠療法でトラウマを克服
各種心理セラピーについて
ヒプノセラピー(催眠療法)
マインンドフルネス心理療法
フォーカシング
NLP
ブリーフセラピー
前世療法
EFT
トラウマ・うつ・恐怖症・神経症などの心の病
摂食障害(拒食症・過食症)について
摂食障害は催眠療法で克服する
うつ病を対人関係療法で克服する
インナーチャイルドの癒しと統合
バッチフラワーレメディについて
レイキについて
セミナー・資格講座
催眠療法(心理療法)と心理学の基礎知識
催眠療法(心理療法)のコンセプト・特徴
催眠療法の料金・予約
セラピスト紹介
ポリシー
よくある質問
ご予約
アクセス・地図
リンク集
   東京の催眠療法・カウンセリングルーム
会社案内
心理セラピー「コラム」
“あなたのインナーチャイルドを癒す”
(2008/05/07) 
催眠療法(心理療法)と“アダルトチルドレン”
(2007/09/07) 
ヒプノセラピー(催眠療法)の隠れた効用とは?
(2007/08/23) 
前世療法は本当のところどうなのか?? (2007/08/08) 
心理セラピー「コラム」
前世療法(退行療法)の事例
(2009/02/24)
依存症・前世療法の事例
(2008/10/07)
"pune"さんの催眠体験日記
(2008/04/01)
過食症・拒食症など摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
セラピーブログ紹介
心理カウンセラー☆ヒロ☆の"ココロを強くする"
心理カウンセラー☆ヒロ☆の"ココロを強くする"
福山裕康の摂食障害専門ブログ
自然・ロハス・ホリスティックでキレイ・幸福・アンチエイジング・健康を手に入れるための情報
ロハスなライフスタイルサイト
東京のカウンセリング|ストレス・摂食障害の対人関係療法「SINBI」
過食症・拒食症など摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
アダルト・チルドレンと依存の克服カウンセリングSINBI
不登校・ひきこもりの克服カウンセリングSINBI
心理セラピー「メルマガ」登録
メルマガ登録・解除
メルマガ名:
催眠療法で心を強くする
トラウマ・うつ・神経症・恐怖症などの心の病について
     
        摂食障害は必ず克服できます!!

          決して諦めないでください。

        まずは、お気軽にご相談ください。
   
         
    催眠療法で克服するはこちら>>>    
 摂食障害は、拒食症と過食症の総称なのですが、一般的には行き過ぎたダイエットの結果というような誤解も多いようです。
 摂食障害の本質が理解されていながためになかなか治癒に向かわず苦しんでいる方が多いというのが現状のようです。

 ただ、今や摂食障害の確実な克服が可能だということは、、対人関係療法で科学的に証明されています。当オフィスでも導入をしておりますのでどうぞご利用ください。

 まず、ここでは摂食障害とはどのようなものなのか、フリー百科事典『ウィキペディ(Wikipedia)』の説明がわかりやすいので参考にさせていただき下記にまとめました。

■摂食障害とは?

 摂食障害は、極端な食事制限や、過度な量の食事の摂取などによって健康に様々な問題が引き起こされます。摂食障害は拒食症と過食症の総称したもの。人間関係の問題による心理的なストレスや不適応、コミュニケーションの不全などが原因とされていると考えられています。
 摂食障害は大きく拒食症、過食症に分類され、一定時間に渡り、食べ物を口に入れ咀嚼し、 飲み込まずにビニール袋などに吐き捨てるという行動を繰り返すチューイングと呼ばれるような行為もあります。 一見、拒食とも過食とも取られる行為なのですが、過食症としてまとめられています。 拒食症から過食症に移行して、またその逆となるパターンも珍しくないようです。
   催眠療法で克服するはこちら>>>  

■主な症状

 症状は、拒食症、過食症などのタイプによっても異なり、また同じ拒食症・過食症などでも、それぞれの人によって症状は多様なようです。
 拒食症では極端な食物制限が目立ちます。食事を食べているところを他人にみられたがらない場合も多いようです。その他、体重を減らそうとして運動をするなどの過活動がみられることもあります。拒食により体重低下が進むと月経が停止し、極限まで低体重となることもあります。この時期でも本人はいたって元気な様子を見せる事が多いようです。
 拒食症の無茶喰い・排出型や過食症などでは、短時間に多量の食べ物を摂取する過食行為がみられます。自己誘発嘔吐や下剤乱用などの行為を伴うことも多いようです。自己誘発嘔吐によって、カリウムなどの電解質が失われ不整脈を呈する場合や、食道-胃接合部が裂けて出血することもあります。また自己誘発嘔吐を繰り返すことにより、咽頭に爪による潰瘍を生じたり、利き手の指や手の甲に胼胝(タコ)ができたり(いわゆる“吐きダコ”)こともあります。摂食障害の存在を周囲に隠したいため、人前では食品を食べてみせ、直後にトイレに行き、食べたものを全て吐くといった行動をとる場合もあるようです。
 摂食行動以外にも、抑うつ症状、自傷行為、アルコール乱用などの精神症状を合併することも多いようです。
 内科的疾患(電解質異常による不整脈、栄養失調による感染症や貧血、脳萎縮、骨粗鬆症など、過食による肥満や糖尿病など)を併発することもあります。

■どのようなことが原因なのか

摂食障害になる心理学的背景として以下のような説がある。
(1) 2〜5歳児期の人格基礎形成期に欲求5段階の安全安心の欲求、愛情や所属の欲求が満たされず、間脳視床下部食欲中枢に障害が起きているという説
(2) 対人関係の恐怖からの代償行動説
(3) 「女性性の拒否」による代償行動説
(4) 肥満への恐怖からのダイエット・ハイ説
(5) ストレス説(結婚生活のストレスや人間関係含む)
(6) 遺伝説

■対処方法

拒食と過食は周期的に繰り返される場合が多く、精神科・心療内科などの対応や心理カウンセラーの心理的なカウンセリングを受けることが有効であることもあります。拒食や過食の食行動異常が注目されやすいのですが、その背景にある心の問題を解決しないと摂食障害は完全に良くならないこともあります。家族間の協力が必要です。また本人自身が様々な対処を拒むことが多いのもこの病の特徴です。

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
   催眠療法で克服するはこちら>>>  
 この引用にもあるように、原因としては様々なようですが、精神的な部分が多くの原因を占めています。特に幼少期の心の傷や親子関係、家庭での満たされない愛情の問題などがよく原因だとされています。
 そのようなことから、病院などでの対応とともにカウンセリングや心理療法を併用して快方に向かっていくケースが多くなっています。 そこで大事になってくるのが家族の協力であることは言うまでもありません。

 あまり一人で悩まずに、まずはご家族や友人・カウンセラーなどに相談することをお薦めいたします。多くの方が同じように苦しんでおられます。あなただけではないのです。 今そこにある問題、そしてその解決を人に頼るということは、特にわがままなことでもないし、恥じることでもありません。あなたが一生懸命頑張って生きてきた結果なのです。一人で悩まずまずはご相談ください。

ホリスティック・セラピーハウスSINBIでは、あなたのお話を充分伺い、更にはあなたの無意識にもアプローチをして、本質的な解決に向けてセラピーを施していきます。
あなたの本質的な全人格にアプローチしていくのがホリスティック・セラピーなのです。


 また、当オフィスでは、今や世界的なスタンダードになっている対人関係療法も取り入れています。対人関係療法は科学的に摂食障害の改善に有効であると証明されている療法です。
対人関係療法のカウンセリングはこちらを↓↓↓↓↓↓↓↓

   対人関係療法による摂食障害のカウンセリングはこちらもご覧ください>>>>  
     
 対人関係療法は負担が大きいという方のために催眠療法と対人関係療法を交えた療法のコースも用意しいます。
 対人関係療法よりも短期間で低コストで摂食障害を克服できます。
その特徴は以下になります。

 
◆心理テストによる自己理解
 ◆退行催眠による根本原因の掌握
 ◆根本原因の解決
 ◆現在の対人関係ストレスの掌握
 ◆対人関係ストレスの軽減
 ◆摂食障害の克服


初回が120分、2回目以降は60分、6回で終了
料金・ご予約は下記をクリックしてください。

摂食障害は催眠療法で克服する! 詳細はこちら>>>

     
コースや料金はこちら
申し込みはこちら
 

しっかり取り組んで克服していくには、合わせて対人関係療法のセッションを受けていかれることことがお薦めです。

詳しくは、摂食障害専門サイトをご覧ください>>>>

 
Copyright 2007 SINBI All Rights Reserved.