催眠療法・ヒプノセラピー(催眠療法)・前世療法・NLP 東京の『ヒプノセラピー SINBI』
心理セラピー療法で癒しと悩みの解決をサポート 催眠療法の事例・体験談 催眠療法・ヒプノセラピー(催眠療法)・前世療法・NLP 東京の『ヒプノセラピー SINBI』トップページへ セミナー・資格講座 料金・予約 アクセス プロフィール お問い合わせ ご予約はこちら
心を強くして“夢を叶える”無料ダウンロード
心理カウンセラー福山裕康のご挨拶
心理セラピー・心理療法コンテンツ
催眠療法(心理療法)とは
催眠療法の事例・体験談
催眠療法(ヒプノセラピー)について
催眠による退行催眠療法
催眠による胎児期退行療法
催眠による前世療法
催眠による前世代療法
催眠による未来療法
催眠療法(ヒプノセラピー)で克服する
催眠療法でうつ病を克服する
催眠療法でパニック障害を克服
催眠療法で強迫性障害を克服
催眠療法で摂食障害を克服
催眠療法で睡眠障害を克服
催眠療法であがり症を克服
催眠療法でトラウマを克服
各種心理セラピーについて
ヒプノセラピー(催眠療法)
マインンドフルネス心理療法
フォーカシング
NLP
ブリーフセラピー
前世療法
EFT
トラウマ・うつ・恐怖症・神経症などの心の病
摂食障害(拒食症・過食症)について
摂食障害は催眠療法で克服する
うつ病を対人関係療法で克服する
インナーチャイルドの癒しと統合
バッチフラワーレメディについて
レイキについて
セミナー・資格講座
心理セラピー(心理療法)と心理学の基礎知識
催眠療法(心理療法)のコンセプト・特徴
催眠療法の料金・予約
セラピスト紹介
ポリシー
よくある質問
ご予約
アクセス・地図
リンク集
   東京の催眠療法・カウンセリングルーム
会社案内
心理セラピー「コラム」
“あなたのインナーチャイルドを癒す”
(2008/05/07) 
心理セラピー(心理療法)と“アダルトチルドレン”
(2007/09/07) 
ヒプノセラピー(催眠療法)の隠れた効用とは?
(2007/08/23) 
前世療法は本当のところどうなのか?? (2007/08/08) 
心理セラピー「コラム」
依存症・前世療法の事例
(2008/10/07)
"pune"さんの催眠体験日記
(2008/04/01)
過食症・拒食症など摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
セラピーブログ紹介
心理カウンセラー☆ヒロ☆の"ココロを強くする"
心理カウンセラー☆ヒロ☆の"ココロを強くする"
福山裕康の摂食障害専門ブログ
自然・ロハス・ホリスティックでキレイ・幸福・アンチエイジング・健康を手に入れるための情報
ロハスなライフスタイルサイト
東京のカウンセリング|ストレス・摂食障害の対人関係療法「SINBI」
過食症・拒食症など摂食障害の克服専門カウンセリングSINBI
アダルト・チルドレンと依存の克服カウンセリングSINBI
不登校・ひきこもりの克服カウンセリングSINBI
心理セラピー「メルマガ」登録
メルマガ登録・解除
メルマガ名:
催眠療法で心を強くする
『ヒプノセラピー(催眠療法)の隠れた効用とは?』
あなたは、ヒプノセラピーというとどのようなものを思い浮かべますか?

TVの催眠術ショー・・・?
前世療法・・・?
過去のトラウマ癒し・・・?

いかがですか?

最近では、ヒプノセラピーでは、退行催眠や前世療法が主流となっていますね。
少し前は暗示療法が多かったようですが・・・。

きっと、あなたも、ヒプノセラピーといえば、過去を遡る退行催眠や前世療法のようなイメージをお持ちなのかもしれません。

実際、どこのホームページを見ても、退行催眠と前世療法のことが強調されて書いてあります。

でも、ヒプノセラピーにはもうひとつの重要な効用があるのです。

退行催眠や前世療法で過去を癒すだけではなく、もうひとつ大事な効用として、自己啓発などの能力開発に役立つということがあります。

能力開発では、よく言われていることですが、潜在意識の能力を最大限に活用できるようになるということです。

ヒプノセラピーは、潜在意識を活性化して、人間の能力を最大限に発揮できるようにしてくれるのです。

ヒプノセラピーをやっていると、中には、緊張が強くてリラックスできなかったり、イメージができないという人がいたりします。でも、このような人でも少しの練習ですぐできるようになります。また、出来なくてヒプノセラピーは大丈夫ですのでご安心ください。

さて、潜在能力を活用するには、このリラックスとイメージがポイントとなってきます。 リラックスすることにより、潜在意識と繋がった状態をつくり、イメージで潜在意識に働きかけていくのです。

それでは、ここでヒプノセラピーに繋がるような簡単な練習方法を紹介しておきます。 リラックス法とイメージング法の練習のやり方です。

まず、リラックスで大事なのは呼吸法です。

緊張したときや疲れたときによく深呼吸をしますよね。
それと同じことです。

呼吸は不随意運動でありながら、自分の意思でコントロールできる唯一の身体の自律神経機能です。
呼吸を調整することにより、自律神経を調整して自分の緊張をコントロールできるのです。

それでは、リラックスしてゆったりと呼吸してみてください。

呼吸に意識を集中していきます。呼吸に意識を集中して深い長い呼吸を心がけます。

呼吸がゆったりできたら、身体の筋肉の緊張をほぐしていきます。

顔・・・首・・・肩・・・胸・・・背中・・・お腹・・・足・・・

と順番に筋肉の緊張をほぐしていきます。

そして、次にイメージ法です。

一流のスポーツ選手は皆このイメージング法を実践していると言われています。 このイメージ法を身に付ければ、様々なところで活用することができるようになります。

ここでは、イメージが出来ない人を想定してご紹介していきます。
まずは、簡単なイメージです。

どこかゆったりできるところに座って、部屋の中を観察します。TVや家具、窓やカーテンなどじっと見つめてみます。
そして、目を閉じ、今見ていた部屋の風景を思い出してみます。
目を閉じて、今見ていた部屋の風景をイメージで再現してみます。

これが出来る人は次に進みます。

今度は、今日一日の出来事を振り返っていきます。

朝起きて、顔を洗って、朝食を食べ、家を出て駅まで歩いて・・・・・

といった具合に今日一日の出来事をイメージで思い出していきます。

この方法は記憶力の強化にもなりますので是非お試しください。

これができたら、あとは実際の出来事でないことを自由にイメージしていきます。

最初のお薦めはボールイメージ法です。

バスケットボールをイメージしてみてください。

ポンポンと跳ねているバスケットボールです。ドリブルしているのかもしれません。

そして、そのバスケットボールが弧を描いてゴールするところイメージしてみます。

何度かやってみて、自由にボールとイメージの世界で遊べるようであれば、後は自由に好きなイメージをしていきます。

イメージ法はいかがでしょうか?

リッラクス法とイメージ法をうまく組み合わせていけば、あなたの潜在能力を充分に活用できるようになっていきます。

ただ、イメージ法は奥が深く、もう少し必要なところがありますので、そこはまた別の機会にご紹介したと思います。

さて、ここでは、リッラクス法とイメージング法の練習の簡単なやり方を紹介しましたが、ヒプノセラピーでは、これらのリラックスとイメージをうまく使って誘導していきます。

ヒプノセラピーを重ねることによって、自然とリッラクスとイメージ法が身に付いていきます。

つまり、ヒプノセラピーは、リラックスとイメージを強化して、潜在能力を最大限に活かしていく最高のメソッドであるといえるのかもしれません。

あなたもヒプノセラピーで眠った潜在能力の可能性を最大限に発揮してみませんか?

詳しくは個人セッションやワークショップでご紹介していきます。

(2007年8月23日)

会員制カウンセリング
Copyright 2007 SINBI All Rights Reserved.